FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
勝利者は決して諦めない
『とある野球少年のお話』


少年には夢があった。
メジャーリーガーになるという夢が。
彼は黙々と練習を続ける。
夢をその手に掴むために・・・


夢のきっかけは、
6歳の時に父親と行ったヤンキースタジアムでの出来事だった。

1-0でヤンキースが負けていた。
しかし、9回裏ランナー1塁、一打逆転のチャンス。

少年は興奮しながら父親に向かって、
『見ていて!!次のバッターがホームランを打つよ。』
微笑む父親。

そして、運命の女神も微笑んだのだ。
逆転サヨナラホームラン!!

少年は夢見心地でつぶやいた。
『ねぇ、パパ。僕もメジャーリーガーになれるかな。
ヤンキースタジアムに立てるかな。』

すると、父親は微笑みながら、
それでも力強く少年の頭をなでながら言った。

『ああ、なれるさ。
最後まで諦めなければな。』


それから少年の練習の日々が始まる。

少年には障害があった。

初め、野球の仲間に入れてもらえなかったが、
来る日も来る日も、黙々と練習を続けた。

そんなある日、人数が足りないため、
少年が試合に参加することになった。

そして、大活躍。

少年は野球チームから引っ張りだこになった。
その障害をものともせずに。

中学を卒業した少年は、、、プロを目指し、野球学校に入校。

少年は誰よりも真面目だった。
誰よりも早く練習場に行き、 誰よりも遅く練習場を出た。
守備も打撃も誰よりもうまい少年。

しかし…。 どこからも声はかからない。

アメリカはメジャーリーグを頂点とし、
AAA、AA、A、B、C、Dリーグと
ピラミッド型を構成している。

その一番下のDリーグにすら声のかからない少年。

腐らずにもくもくと練習する少年の姿に、感動した学校の先生は、
Dリーグの監督を集め、少年を見てもらう。

結果は…。
全敗だった。
どこからも声がかからなかったのだ。

卒業した少年はアマチュア選手として活躍。

しかし、夢を諦めきれず、 24歳の時、
ニューヨークに行きDリーグの入団テストを受けにいった。

しかしオーナーは全く相手をしてくれない。

そこで、彼は10ドル紙幣を取り出し、
オーナーに渡してこう告げる。

【これはぼくの全財産ですがあなたに預けます。
僕に入団テストを受けさせて下さい。
もし、ぼくがチームの役に立てそうになかったら、返さなくて結構です】

オーナーは少年の自信と必死な態度に負けて、
テストだけは受けさせることにした。
とりあえず、10ドル儲けたなと。

しかし、オーナーの予想は良い意味ではずれた。

彼のプレーは群を抜いていた。

そして、彼は合格し、1942年。
晴れてマイナーリーグのプロになることができた。

その後の彼の活躍をまとめておく。

1942年 打率 3割8分1厘 首位打者のタイトル獲得。
1943年2Aリーグに昇格。
1944年には3割3分3厘の打率と、 ホームラン5本、
ホームスチール10回!を含む68盗塁。

輝かしい成績をあげ、【MVP】を獲得。

そして、1945年…。
メジャーリーグのブラウンズと契約。

打席に立つ少年。

夢にまで見たメジャーリーグの打席。

第一打席。 三振。
第二打席。 三振。
第三打席。

バットが空を切り、三球三振という成績であった。

しかし、三振して打席を去っても、
観客は席から立ちあがっての拍手を止めなかった。

ずっと続くかと思われるくらい拍手が止まなかった。

三球三振なのにである。

なぜだろうか?それは…。


そう、彼には右腕がなかったのだ。

片腕のメジャーリーガー、ピート・グレイ。

彼は6歳のとき、列車から転落するという事故で利き腕の右腕を失う。

野球選手になるのが夢だったピート。

絶望しかけたピートを励ますため、
ヤンキースタジアムに連れて行った父親。

そして、父親の言葉を信じぬいたピート。

ピートは夢を諦めなかった。
メジャーリーガーになるという夢を諦めなかったのだ。

そして、彼はその片腕で夢を掴んだのである。


ピートの言葉

私の子供の頃の夢は、ヤンキースタジアムで野球をすることでした。
そして、それを叶えられたことが、自分の人生にとって、
もっとも素晴らしい出来事だったと思います。

自分のような、体に障害をもつ者にとって、練習こそが全てでした。
でもたとえ練習しても自分にやってくるチャンスはわずかなものでした。

ある時こう言われたことがあります。

「両方の腕があっても、野球をするのが難しいのに、
片腕で野球なんかできるわけがないだろう」

それでも諦めず、自分は常に夢に向かって練習したのです。


ピート好きな言葉は、

A winner never quits.
『勝利者は決して諦めない』


YouTubeにピートの動画があります。
観衆が総立ちですね。
http://www.youtube.com/watch?v=1ERvGGq-4mY

ピートに大丈夫だと言って励まし続けた父親にも感動です!

スポンサーサイト
【 2012/11/19 19:10 】

| スピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(0) |
心は傷つかない2
前回の続きです、、、

この世は想いと行動なのです。
想っているだけではダメなのです。

想っているとチャンスが来るのです。

私は中学出で得なんだと、
早く先に出たい、早く商人(あきんど)になりたい、
と想っていたんです。

例えば、
高校で3年、大学で4年、合わせた7年間を先に走りたかったんです。
マラソンでも7年先に走っていいと言われるとかなり先に行っていますよ。
皆さんが走る時には、もうゴールに居ます。(笑い)

私はそれが得なんだと想っているので、得なチャンスが来るのです。
で、そのチャンスに対して行動すればいいだけなんです。

想うと必ずチャンスが出てくるのです。
チャンスが出てくればそのチャンスを掴んでいけば、
物凄く得な人生で、難しくも何ともないのです。

例えば、
豊臣秀吉っていますよね。
最下級のお百姓さんから出たというけど、畑も持っていなかったんです。
お百姓さんよりも下だったんです。
その秀吉が最初に望んだ事は、侍になりたかったんです。
でも、いきなり侍にはなれないので、なれたのは、足軽なんです。
「あー、足軽かぁ~」じゃないんです。

足軽で、織田家という、いつ潰されるか分からない、
会社でいうといつ倒産するか分からないところの、
本当の一番下の足軽にしか成れなかったんです。

そうして、「あー、足軽になれて良かった!」と
足軽になって、そのチャンスを掴んで、一生懸命にやっていると、

次に、
下っ端の侍に成るチャンスが来るんです。
それを、「なんだ、一番下か~」ではなくて、
「あー、侍になれた! 嬉しい嬉しい!」とやっていると、

次に、
侍大将になるチャンスが来るんです。

そうすると、
今度は、大名になるチャンスが来るんです。
大名になるチャンスが来て、あー、良かった!とやっていると、

今度は、天下を獲るチャンスが来るんです。

無理はしてないんです。

良かった、良かった、と想いながら、
来たチャンスを掴んでいるだけなんです。

この世の中は想いだけではダメなんです。
想う事は大事だけど、行動しなければいけない。
この星はそういう星なんです。

フイルム(想い)を換えるんです。
急にフイルムを換えなといっても換えられないので、
まずは、言葉を換えるんです。

天国言葉を喋ろうよ、って。
最近は、幸せを呼ぶ幸せ言葉っていってるんですよね。
「ついてる」「感謝してます」「幸せ」「ありがとう」「許します」

あとは、地獄言葉といって、
不幸を呼び寄せる不幸言葉だよね。
「ついてない」「許せない」
悪口、文句、不平不満、愚痴、泣き言、
を言っていると、

そういうフイルム(想い)を入れているのと同じなんです。
それが映し出されるのです。

お釈迦様もキリストも何を言いたかったかというと、
この話なんです。
ただ、昔は映写機とか無かったので、
あのようなすごく長いお経とかになちゃったです。

あなたの想いがこの世を映し出すんだよ、
って言いたかっただけなんです。
今は映写機っていえば誰でも分かりますよね。
心は傷つかないというような、わかりづらい話を
どうしたらピンと来るか、色々考えたんです。

会社に行くと横暴な上役がいて、
毎日、「バカヤロー」とか言われて、
その「バカヤロー」とか言う言葉に凄く傷ついて、
「自分は死にたいぐらいに傷つくんです」っていうけど、

じゃ、その代わりに1回「バカヤロー」って言われる度に、
3万円くれる事になりましたって言えば、
今日は10回「バカヤロー」って言われれば30万になっちゃって、
明日、何回言われるだろう!って想うよねって。

じゃ、「バカヤロー」って言葉に傷ついてるんじゃないよね。
自分の想い方で傷ついてるんだよねって。
なかなか「バカヤロー」1回で3万円くれる処はないとおもうけど、、、

ものの考え方って、
自分がどんどん怒られた時って、
自分が出世した時にやる可能性があるんだ、
こんな嫌なおもいをいっぱいして、自分はやらない人間になっていくんだ、
って。


モノって考え方だよねって。
フイルム(想い)ひとつでどうにでもなるよねって。

考え方を換えて、言う言葉を換えていると、
起きる現象が違って来るんです。

そしたら、行動して下さいって。
行動すれば、絶対に幸せになれますよって。

これが、心は傷つかないという話です。


次の話にいきます、、、
次の話は次回に。
【 2012/11/05 12:06 】

| スピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(0) |
心は傷つかない
こんにちは
院長です。

今日は、斉藤ひとりさんのÇDから、
「心は傷つかない」というお話をしたいと思います。

人の心・魂というのは、神様から頂いた分け御霊
というものなのです。
神様から命を頂いたのです。
それが心の正体で、光なのです。

光(心)を傷つける事は出来ないのです。
では、傷つくってなんでしょうか?

例えば、映写機を想像して下さい。
映写機は中に光があります。
その光がフイルムに映って映像等が出てきます。

 現代社会は、心に傷がついたからと、
「カウンセリング」をしようとします。
カウンセリングを否定するわけではありませんが、
今の人たちは「心に傷がついた」と
思いやすいですね。

昔の人は、戦争を経験しており、
こっちの防空壕に行ったから亡くなったとか、
あっちの防空壕に行ったから助かったとというのは
沢山ありました。
しかし、それは運が良かった、悪かったと言うだけで、
その人たちはカウンセリングなんて受けていません。

私は、運がいいんだと思うのです。
しかし、現代では
「大変な思いをしたから大変だったね」とか、
「心に傷がついちゃって大変だね」とか、
人から言われると、そう思ってしまうのです。

しかし、傷がついたものは光・心ではなく、
映写機のフイルムなのです。
想い(フイルム)に傷がついたのです。

斉藤ひとりさんは、中学校しか出ていないそうです。
そのことを、自分は中学しか出ていないから、
人から馬鹿にされるんじゃないかとか、
社会に出て損なんじゃないか、
というフイルム(想い)を入れておくと、
何故か社会に出た時に、それが映し出されるのです。
そうすると、バカにする人が出てくるのです。

でも、斉藤ひとりさんは、そういう想い(フイルム)を
持ったことがないので、
ただの一度もバカにする人が出て来た事がなく、
馬鹿にされたことがないそうです。

普通の人は人生をカメラだと思っています。
現実に起こった事が写って心が傷つくと思っています。

でも人生の本当は映写機型なのです。
自分で想っているフイルムを光の前に置くのです。
それが映し出されたのが社会(人生)なのです。

色々な事が想いによって映し出されるのです。

中学出だから馬鹿にされるのでないかと想っていると、
馬鹿にするヤツが出てくるのです。
あ~、やっぱり馬鹿にされたと想うので、
更に想い(フイルム)に傷がつくのです。

そうしていると、
そのフイルムがまた映し出されるので、
更に馬鹿にするヤツが出てくるのです。
エンドレスに出てくるのです。

想いというフイルムを変えると、世の中が代わってくるのです。
代わった現実が出てくるのです。

自分の想ったものが光に映し出されて、色々な人が出てくるのです。
ウソみたいだけど、そうなのです。

更にいうと、
この世の中は想いを変えればいいのかというと、
この世はそうではないのです。
あの世なら、想うだけでいいのです。

あの世ではカツ丼が欲しいと思えば、カツ丼が出てきます。
あの世は想念の世界ですからね。

この世では、
女性がキレイになりたいなと想っていても、
朝、寝ぐせがついてしまった時に想ったままで行動しないと、
寝ぐせはそのままです。
キレイになりたいと想えば、くしを入れるとか、
お化粧をするとか、

赤い服が欲しいナ~と想えば、
買いに行くとか、赤く染めるとか、

この世は想いと行動なのです。
想っているだけではダメなのです。

想っているとチャンスが来るのです。

この続きは次回に

このCDが欲しい方がいればご連絡を、、、
【 2012/10/17 12:58 】

| スピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。